ダイハツ期間工

ダイハツ期間工になろう!寮・給料・手取り・仕事がキツイかなどを解説

期間工で働くならダイハツがいい。そう思っている方もいらっしゃるでしょう。

 

ダイハツの期間工に応募する前に、寮や給料などについて知っておきたいですよね。
気になる仕事のキツさに関しても解説していきます。

 

ダイハツ期間工の寮について知りたい

ダイハツの期間工に応募すると、大阪府にある池田工場(本社)、京都府にある京都工場、滋賀県にある滋賀工場のいずれかでの工場で働くことになります。
(時期によっては、期間工の募集をしていない工場もあります)

 

どこの工場で働きたいかということは、原則自分で選ぶことができるようです。
(ただし、配属の部署までは選ぶことができません)

 

池田工場で働く場合には神田寮、京都工場で働く場合には大山崎寮、滋賀で働く場合にはびわこ寮に入ることになります。

 

寮費や光熱費は無料です。冷蔵庫やテレビも完備されていますし、寮によってはインターネット設備もあります。(個人でプロバイダと契約する必要あり)

 

これら3つの寮の徒歩圏内にはコンビニエンスストアやスーパーなどがあるようですから、生活にも便利そうですね。
工場まで通うのにかかる時間も、徒歩やバスで5分〜20分程度で便利です。

 

ダイハツの給料、手取りはどのくらい?

続いて、ダイハツの給料についてお話していきます。
滋賀工場の場合を例にとって見ていくことにしましょう。

 

ダイハツの給料(日給)は、9,100円〜10,000円です。
入社時には赴任手当が10万円、赴任支度金2万円、経験者手当などが支給されます。

 

さらに、皆勤手当てが35,000円や満了慰労金、赴任旅費や帰任旅費などが支給されます。
交通費も、月に10万円を限度に支給されるようです。

 

ちなみに勤務は昼夜の2交代勤務で、原則的に週休2日制となっています。
そのほか、ゴールデンウィークやお盆、年末年始などには休暇があります。

 

ダイハツ期間工の仕事内容はキツイの?

ダイハツの期間工では、ボデーやエンジンなどの部署に配属されます。

 

ダイハツの期間工のキツイ点の一つは、暑い中で作業をしなければならないところでしょう。
一年中保護具を着用したり、長袖やつなぎなどを着用したりしなければならないためです。

 

また、立つ、腰をかがめる、潜る、足を曲げる、上を向くなどさまざまな姿勢をしなければならないため、足腰や首、腕などがだるくなったり、痛くなったりしやすいようです。

 

配属される部署によっては常に大きな音や振動、においなどもありますから、これらが苦手な方にはキツイと言えるのではないでしょうか。

 

期間工の仕事は、ダイハツに限らず比較的キツイことが多いでしょう。
あらかじめこのような点がキツイんだと分かっていれば、少し心の準備ができるかもしれませんね。

 

ダイハツの期間工の日給は、9,100円〜10,000円です。
勤務する工場それぞれに無料の寮があります。それぞれスーパーやコンビニエンスストアなどからも近く、工場へのアクセスも良好です。

 

ダイハツの期間工の仕事は暑い、振動や音が大きい、かがんだり上を向いたりさまざまな姿勢をすることが多くて体が痛くなるなどのキツさがあるようです。

 

期間工比較トップページへ戻る