期間工派遣社員違い

正社員以外の働き方には、期間工や派遣社員などいくつかありますよね。
期間工と派遣社員っていったいどう違うんだろう?と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

期間工と派遣社員、どんな違いがあり、果たしてどちらが得なのでしょうか。こちらでご説明していくことにしましょう。

 

期間工と派遣社員の違いは?

期間工と派遣社員の違いとして一番大きい点は、何と言っても「企業に直接雇用されるかどうか」という点ではないでしょうか。
それぞれの違いを簡単に見ていくことにしましょう。

 

<期間工の場合>
期間工は、企業から直接雇用されます。
一定期間の契約社員としてではありますが、その間は一応その企業の社員です。
もし採用されたのがトヨタなら、トヨタの社員ということになるのです。
ですから当然、福利厚生などはその企業のものが適用されます。

 

そして見逃せないのが、失業保険です。
契約満了まで働いた場合、7日間の待期期間を経てすぐに失業保険が支給されます。
契約を満了していれば、自己都合という扱いにはならないのです。

 

もし一般的な企業を自己都合で辞めた場合には3カ月間の給付制限があり、すぐに失業保険を受け取ることはできません。
ですから期間工が、7日間の待期期間だけですぐに失業保険が受け取れる点は嬉しいポイントだと言えるでしょう。
(ただし、雇用保険に加入していて月に11日以上、12カ月以上働いていた場合に限ります)

 

そのほか、派遣社員よりも直接雇用の期間工の方が、正社員への道が開ける可能性は高いと言えるでしょう。

 

<派遣社員の場合>
一方で、派遣社員の方はどうなのでしょうか。
派遣社員は、あくまでも派遣会社の社員です。
自動車メーカーなどに派遣されて働くからと言って、その企業から直接雇用をされるわけではありません。
福利厚生なども、派遣会社のものが適用されることになります。

 

そして失業保険に関しては、ほとんどの場合「自己都合」となり、3か月の給付制限が付くことになります。

 

えっ、もし会社都合で切られても給付制限が付くの?と疑問に思った方もいらっしゃるでしょう。
派遣社員の場合、すぐに派遣会社から次の派遣先を紹介されるケースが多く、「紹介したのに断った」とみなされ、自己都合とされてしまうケースが多いようです。

 

 

契約社員だとしても、企業から直接雇用される期間工の方が安心感がありますよね。
派遣社員だと解雇の可能性が高まるという点もあり、やはり期間工の方が一般的にはお得な働き方と言えるでしょう。

 

 

期間工と派遣社員、給料の面ではどうなの?

一般的には期間工の方が給料が良いと言われていますが、必ずしもそうとは限らないケースもあるようです。

 

企業によっては、満了慰労金等を含めても派遣社員の方が稼げた、というケースもあるそう。ですから、どちらで働くのがお得かを事前にしっかりとリサーチした方が良いと言えるでしょう。

 

期間工の場合にはリピートで働くと基本給がアップするところもありますから、今後も同じ企業で働きたいなど、長い目で見たら期間工の方がお得になるかもしれません。
そういった点も考慮して決めると良いでしょう。

 

お得に期間工で働く方法とは?

期間工と言えば、企業の募集を見て自分で応募するというイメージがある方が多いでしょう。
しかし、実はもっとお得に期間工で働く方法があります。

 

それは、期間工の仕事を紹介している派遣会社から紹介をしてもらって期間工として企業に採用される方法です。

 

ちょっと分かりづらいかもしれませんね。
派遣会社の社員になって派遣されるのがお得だという意味ではないでの注意してください。

 

期間工の仕事を紹介している派遣会社の紹介によって企業から採用され、企業から直接雇用されることで、ちょっとお得な特典を受けられるケースがあります。

 

その「お得なこと」というのは何かというと、派遣会社から支給される「祝い金」などのことです。
祝い金といってもそんなに高額は支給されないんでしょ?と思った方も多いかもしれませんが、企業によっては数十万円もらえるところもあるようですから、これを見逃す手はありません!

 

派遣会社を通さず個人的に企業から雇用される場合に比べて、もらえるお金が数万円〜数十万円変わってくるのです。
期間工として同じように企業から雇用されるなら、祝い金がもらえたほうが得でしょう。

 

派遣会社を利用するメリットはほかにもあります。
期間工で働くのが初めての方にとっては、色々と不安ですよね。ご自分のニーズに合った期間工を見つけるのは、困難だと言えるでしょう。

 

派遣会社に相談をすれば、ニーズに合った期間工を見つけやすくなります。

 

その点から見ても、派遣会社から期間工を紹介してもらった方がお得と言えます。

 

期間工と派遣社員の違いとメリット、果たしてどちらが得か

正社員以外の働き方には、期間工や派遣社員などいくつかありますよね。
期間工と派遣社員っていったいどう違うんだろう?と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

期間工と派遣社員、どんな違いがあり、果たしてどちらが得なのでしょうか。こちらでご説明していくことにしましょう。

 

期間工と派遣社員の違いは?

期間工と派遣社員の違いとして一番大きい点は、何と言っても「企業に直接雇用されるかどうか」という点ではないでしょうか。
それぞれの違いを簡単に見ていくことにしましょう。

 

<期間工の場合>
期間工は、企業から直接雇用されます。
一定期間の契約社員としてではありますが、その間は一応その企業の社員です。
もし採用されたのがトヨタなら、トヨタの社員ということになるのです。
ですから当然、福利厚生などはその企業のものが適用されます。

 

そして見逃せないのが、失業保険です。
契約満了まで働いた場合、7日間の待期期間を経てすぐに失業保険が支給されます。
契約を満了していれば、自己都合という扱いにはならないのです。

 

もし一般的な企業を自己都合で辞めた場合には3カ月間の給付制限があり、すぐに失業保険を受け取ることはできません。
ですから期間工が、7日間の待期期間だけですぐに失業保険が受け取れる点は嬉しいポイントだと言えるでしょう。
(ただし、雇用保険に加入していて月に11日以上、12カ月以上働いていた場合に限ります)

 

そのほか、派遣社員よりも直接雇用の期間工の方が、正社員への道が開ける可能性は高いと言えるでしょう。

 

<派遣社員の場合>
一方で、派遣社員の方はどうなのでしょうか。
派遣社員は、あくまでも派遣会社の社員です。
自動車メーカーなどに派遣されて働くからと言って、その企業から直接雇用をされるわけではありません。
福利厚生なども、派遣会社のものが適用されることになります。

 

そして失業保険に関しては、ほとんどの場合「自己都合」となり、3か月の給付制限が付くことになります。

 

えっ、もし会社都合で切られても給付制限が付くの?と疑問に思った方もいらっしゃるでしょう。
派遣社員の場合、すぐに派遣会社から次の派遣先を紹介されるケースが多く、「紹介したのに断った」とみなされ、自己都合とされてしまうケースが多いようです。

 

 

契約社員だとしても、企業から直接雇用される期間工の方が安心感がありますよね。
派遣社員だと解雇の可能性が高まるという点もあり、やはり期間工の方が一般的にはお得な働き方と言えるでしょう。

 

 

期間工と派遣社員、給料の面ではどうなの?

一般的には期間工の方が給料が良いと言われていますが、必ずしもそうとは限らないケースもあるようです。

 

企業によっては、満了慰労金等を含めても派遣社員の方が稼げた、というケースもあるそう。
ですから、どちらで働くのがお得かを事前にしっかりとリサーチした方が良いと言えるでしょう。

 

期間工の場合にはリピートで働くと基本給がアップするところもありますから、今後も同じ企業で働きたいなど、長い目で見たら期間工の方がお得になるかもしれません。
そういった点も考慮して決めると良いでしょう。

 

お得に期間工で働く方法とは?

期間工と言えば、企業の募集を見て自分で応募するというイメージがある方が多いでしょう。
しかし、実はもっとお得に期間工で働く方法があります。

 

それは、期間工の仕事を紹介している派遣会社から紹介をしてもらって期間工として企業に採用される方法です。

 

ちょっと分かりづらいかもしれませんね。
派遣会社の社員になって派遣されるのがお得だという意味ではないでの注意してください。

 

期間工の仕事を紹介している派遣会社の紹介によって企業から採用され、企業から直接雇用されることで、ちょっとお得な特典を受けられるケースがあります。

 

その「お得なこと」というのは何かというと、派遣会社から支給される「祝い金」などのことです。
祝い金といってもそんなに高額は支給されないんでしょ?と思った方も多いかもしれませんが、企業によっては数十万円もらえるところもあるようですから、これを見逃す手はありません!

 

派遣会社を通さず個人的に企業から雇用される場合に比べて、もらえるお金が数万円〜数十万円変わってくるのです。
期間工として同じように企業から雇用されるなら、祝い金がもらえたほうが得でしょう。

 

派遣会社を利用するメリットはほかにもあります。
期間工で働くのが初めての方にとっては、色々と不安ですよね。ご自分のニーズに合った期間工を見つけるのは、困難だと言えるでしょう。

 

派遣会社に相談をすれば、ニーズに合った期間工を見つけやすくなります。

 

その点から見ても、派遣会社から期間工を紹介してもらった方がお得と言えます。

 

 

期間工比較トップページへ戻る