期間工辞める

期間工を辞める方の手続きと途中退職の理由とは何か

期間工として働き始めたけれど途中退職してしまう。
こういった方は、結構いらっしゃるようです。

 

働き始めたけれどどうしても期間工を辞めたいという場合には、どのような手続きをしたら良いのでしょうか。

 

バックレは絶対ダメ!しっかりと手続きをしてから辞めよう

期間工として働きだしたけれど、想像していたよりきつくて続けられそうにないから辞めたい。
そう思う方もいらっしゃるでしょう。
仕事がきついという理由以外にも、辞める理由はいろいろとあることと思います。

 

期間工を辞めるには、まず辞めたいということを上司に報告しなければなりません。

 

でも、面倒だしそれすらしたくない。
上司と話すのも嫌だからこっそりここから抜け出してしまおうか?
そのように考える方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、黙って出ていく、いわゆるバックレるのは絶対にやめましょう。
社会人である以上、仕事を辞める時にはしっかりとその意思を伝え、しかるべき手続きを取るのが常識です。

 

途中で辞めるなんて言ったら上司に馬鹿にされそうだし、嫌味の一つも言われそうだ。
それは嫌だから、何も言わずにこっそり立ち去りたい・・・。
そう思ってしまう気持ちは良く分かります。
しかし社会人のけじめとして、ここはしっかりと会社に「期間工を辞める」という意思表示をし、退職の手続きをしましょう。

 

期間工だからと、甘く見てはいけません。
企業に必要とされて雇われているわけですから、一人抜けてしまうと周りに迷惑をかけてしまうということを忘れてはいけないのです。

 

退職の手続きに関しては各企業によって方法が異なるでしょうから、しっかりと指示に従い、お世話になったお礼の気持ちを伝えてから辞めるようにしましょう。

 

辞める前に、もう一度よく考えて!

期間工は経験が無くても比較的採用されやすい仕事ですが、誰でも絶対に採用されるというわけではありません。
今は期間工の人気も高まっており、倍率も高くなっています。

 

せっかく採用されたのに、本当に辞めてしまって良いでしょうか?
やむを得ない事情があるわけではないなら、もう一度よく考えてみても良いと思います。

 

企業によっては、一度契約満了前にやめてしまった人は二度と採用してくれないところもあります。
一度途中で辞めてしまったら、今後その企業では期間工として働くことができないと思っておいた方が良いかもしれません。
後になって、またあの企業で働きたいな、あの時、頑張って満了まで勤めていればよかったな・・・などと後悔しても遅いですよ。

 

失業保険、満了慰労金などの事も考えて

期間工を辞めて失業保険をもらえばいいや!
そう思う方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし失業保険をもらうには、仕事を辞める前の1年間のうち6か月以上仕事をしていたということが条件となります。
つまり、少し働いただけでは失業保険はもらえないのです。
もし期間工を辞めてしまったら、仕事を失う上に失業保険ももらえませんから、今後は無収入になってしまいます。

 

また、せっかく期間工になったからには、満了慰労金をもらいたいですよね!
3か月で契約満了の企業の場合には、3か月頑張れば満了慰労金などをもらえます。(企業によって条件は異なります)
そのうえ今後また同じ企業で期間工として働くときには、経験者手当などがついて給料がアップすることもあるのです!

 

満了慰労金をもらうならとりあえず3か月後など満了の日まで、失業保険をもらうためには6か月以上は働くように、何とか頑張ってみても良いのではないでしょうか。

 

やむを得ない事情の時には無理をしないで

期間工を契約が満了する前に辞めるのは嫌だ。
そう思っていても、体調不良などのやむを得ない理由で辞めるしかない方もいらっしゃるはずです。

 

そのような場合には無理をせず、理由を申し出て期間工を辞めるようにしましょう。
途中で辞めるなんてみっともない・・・と無理をしすぎて体を壊してしまっては元も子もありませんよ。

 

真面目な方ほど途中で辞めることに罪悪感を持ってしまいがちですが、そんな必要は全くありません。まずは自分の体を大事にしましょう。

 

期間工を途中退職する理由はどんなものが多い?

期間工を期間満了前に途中退職する方は、意外に多いようです。
みなさんどのような理由で途中退職しているのでしょうか。

 

やはり、「仕事がきつい」という理由で辞める方も多いようです。
配属先の社員が厳しい、体力的に辛いという理由が多いでしょう。

 

仕事のきつさは、期間工としてどの企業で働くかということや、どのような作業をする工程に配属されるかなどによっても変わってくるかもしれません。
厳しい社員がいる職場、忙しい工程、体力を必要とする工程などに配属されてしまった場合、仕事がきついと言う理由で辞めてしまう方も多いのかもしれませんね。

 

期間工は自動車工場で働くことが多いのですが、それらの工場の多くは「夜勤」があります。
交代勤務というのは慣れるまでは辛いものですから、交代勤務が嫌で辞めてしまったという方もいらっしゃるようです。

 

また、寮生活が嫌で辞めたという方もいらっしゃいます。
寮のタイプにもいろいろありますし、プライバシーがあまり守られないようなタイプの寮や、マナーの悪い寮生の多い寮に入ることになってしまうと、辞めてしまう方も多いのかもしれません。

 

そのほかの理由としては、「体調不良」が挙げられます。
腰痛持ちの方などは、配属された工程によっては働くのが厳しいこともあるようです。

 

 

期間工を辞める時には、きちんと退職の意思を申し出て手続きをしてから辞めるようにしましょう。
無断で立ち去ること(バックレ)は、絶対にやめるべきです。

 

せっかく採用されたのですから、なるべく満了まで勤めるのがベターです。
満了慰労金をもらえるかどうかや、失業保険がもらえるかどうかも考えてから辞めたほうが良いといえます。

 

体調不良や腰痛などがあって辛いという方は、あまり無理をせずに期間工を辞めるという選択をしても良いかもしれませんね。

 

 

期間工比較トップページへ戻る