期間工自炊禁止

期間工の寮は自炊禁止で自炊できないって本当なのか

 

期間工として働くからには、徹底的に生活費も切り詰めてがっつり貯金をしたい。
そう思っている方も多いのではないでしょうか。

 

寮費や水道光熱費などは無料のところも多いですが、困るのが食事ですよね。

 

社員食堂は割安とはいえ1食数百円はかかります。
自炊すれば、もっと食費が浮くのではないか?と思いますよね。

 

しかしここで、一つ注意しなければならないことがあります。
期間工の寮は、「自炊禁止」のところが意外と多いのです!

 

期間工の寮、自炊が禁止って本当?

一部自炊ができる期間工の寮もあるようですが、ほとんどの寮で自炊はできないと思っておいたほうが良いでしょう。

 

やはり、火を使っての料理は火災の危険もありますし、安全の面から禁止されていることが多いのかもしれませんね。

 

なお、ガスコンロなどを使って調理をすることだけでなく、炊飯器でご飯を炊くことも自炊とみなされ、禁止されているところが多いようです。
知らずに使ってしまって、寮から追い出される羽目になってしまった・・・などということが無いように注意しましょう。

 

自炊禁止だけど節約したい!何か方法はある?

一般的に、ガスコンロなどでの調理は禁止、炊飯器でご飯を炊くのも禁止という寮が多いようです。
しかし、ポットや電子レンジは使えるというところも多いようです。
(各寮によって異なる場合がありますから、しっかりと初めに確認しておきましょう)

 

ポットが使えれば、お茶を作ることができます。
耐熱の麦茶ポットなどを使って麦茶を作っておくと、ペットボトルの飲み物を買うのに比べてかなりの節約になるでしょう。

 

また、カップスープやインスタントの味噌汁などを作ることもできます。
安い時に買いだめをしておけば、少し節約できておかずが一品増やせますよ!

 

電子レンジでシリコンスチーマーを使えば、煮物などが簡単に作れます。野菜をゆでることもできますし、専用のグッズを使えばゆで卵を作ることもできてしまいます。
さらに、電子レンジでパスタをゆでたり、ご飯を炊いたりできる便利グッズもあるのです!

 

ただし、電子レンジ使用はOKでも、ここまですると自炊とみなされてしまう可能性もあります。寮の決まりがどうなっているか、しっかりと確認しておく必要があるでしょう。

 

ちょっと節約したかったために、もう少しで満了だったのに寮から追い出される羽目になってしまった・・・などということが無いようにしたいものですね。

 

特に、ルームシェアするようなタイプの寮の場合には、においなどによって他の寮生に火を使って自炊をしていると誤解されてしまう可能性もあります。

 

節約したい気持ちは分かりますが、NGにならない範囲で行うようにしましょう。

 

 

期間工の寮は、自炊が禁止のところも多くあります。
知らずにうっかり炊飯器を使ってしまったりすることの無いように注意したいですね。

 

ポットや電子レンジを使ってちょっとした自炊をして節約をすることも可能ですが、その場合にはしっかりと寮の決まりの範囲内で行うようにしましょう。

 

 

期間工比較トップページへ戻る