沖縄期間工

沖縄県民が期間工(季節工)として内地で働くメリット・デメリットとは

 

沖縄県民が、期間工(季節工)として内地で働くことはよくあるケースのようです。
企業によっては、期間工に占める沖縄県民の割合がかなり高いところもあるようですよ。

 

沖縄は、他の都道府県に比べて求人が少なかったり給料が少なかったりという現実があります。
仕事を失って新しい仕事がなかなか見つからない、仕事はあるけれど給料が安くて家族を養えない・・・
このような理由から、内地で期間工(季節工)として働く沖縄県民が多いと言います。

 

では、沖縄県民が期間工として内地で働くことには、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

 

沖縄県民が期間工(季節工)として内地で働くメリットは?

沖縄県民が期間工(季節工)として内地で働くことのメリットとしては、やはり沖縄で仕事をするよりも「内地の期間工の方が断然給料が良い」という点ではないでしょうか。

 

沖縄県は、日本の中でも年収が低い地域だと言われています。そのうえ求人も少なく、一度職を失うと再就職が難しいようです。
たとえ正社員になれたとしても、収入が低ければ家族を養っていくのは難しいですよね?

 

期間工(季節工)として内地で働けば、待遇の良い企業なら年収400万円程度を手にすることができますから、当然沖縄で働くよりも手取りが多くなります。
一旦契約期間が終了しても、再度内地で期間工(季節工)として働けば、沖縄で働くより効率よく収入を得ることができるはずです。

 

内地に働きに行くと言っても、寮がある企業で期間工として働くなら部屋探しをする手間もありませんし、企業によっては寝具やテレビ、冷蔵庫などを無料で使えるところもあります。ですから、必要最小限のものだけを買い揃えれば済んでしまいます。

 

さらに、自動車工場などの期間工の多くは、寮費や水道光熱費などが無料となっている点もメリットでしょう。
寮費が無料の企業で期間工として働けば生活費を節約することができ、効率よく貯金ができるのではないでしょうか。

 

沖縄に家族がいる場合にも、寮費や水道光熱費などが無料で、寝具や家電などが完備されている寮のある企業の期間工なら、単身で出稼ぎに行きやすいと言えます。
単身で寮に入る場合には必要最低限のものだけ持って行けば良いので、引っ越し費用が掛かることもありません。

 

飛行機代がかかるという点はありますが、赴任費用や帰任費用が支給される企業ならば、その点もあまり心配はいらないのではないでしょうか。

 

沖縄で働くよりも良い収入が得られ、そのうえ生活費がほとんどかからないことが多い期間工。
単身で寮に入れば、引っ越し費用もほとんど掛かりません。
さらに、赴任費用や帰任費用が支給される企業ならば、飛行機代などに関しても負担してもらえる可能性があります。
沖縄県民が内地で期間工(季節工)として働くメリットが、お分かり頂けたのではないかと思います。

 

沖縄県民が期間工(季節工)として内地で働くデメリットは?

メリットばかりなら今すぐにでも内地で期間工(季節工)として働きたい!そう思うかもしれませんね。

 

しかし、沖縄県民が期間工(季節工)として内地で働くことには、デメリットも存在します。
一応その点も、頭の片隅に入れておいたほうが良いかもしれません。

 

まず、期間工で働く間一家総出で内地へ行くというケースの場合には、数十万円の引っ越し費用が掛かってしまうというデメリットがあります。

 

期間工の寮は単身者向けのものが多く、家族で寮や社宅などに入れるかどうかはその企業次第と言えます。
もし家族が寮や社宅などに入れないとなると、内地でアパートやマンションを借りなくてはならなくなります。
その場合には敷金や礼金、家賃もかかってしまいます。

 

せっかく頑張って期間工として働いて稼いだお金が、引っ越し費用や内地での家賃などとして消えていくのはちょっと辛いですよね。
そのうえ期間工としての契約期間が終わって沖縄に帰る際には、また引っ越し費用がかかってしまいます。

 

さらに、期間工で働く間家族全員で内地へ行く場合、お子さんの学校や幼稚園などを転校、転園させなければなりません。
不慣れな環境で子供に辛い思いをさせてしまうことも考えられます。

 

まとめると、沖縄県民が内地で期間工として働く際のデメリットは、家族で引っ越す場合には数十万円という引っ越し費用が掛かってしまうという点や、家賃がかかる点、子供が転校、転園を余儀なくされるという点でしょう。

 

 

沖縄県民が期間工(季節工)として内地で働くメリット、デメリットについてお話ししました。
メリットやデメリット、ご自分や家族はどうしたいのかなど、さまざまな角度から検討して、内地で期間工(季節工)として働くことを決めるのが良さそうですね。

 

期間工比較トップページへ戻る